キャッシングを断られた人でも借入可能なカードローン

バナー

キャッシングを断られた人でも借入可能なカードローン

消費者が比較的手軽のお金を借りられる便利なサービスとして代表的なものとして消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンがあります。キャッシングとカードローンはどちらも面倒な手続きなしに簡単な申し込み手続きをするだけでお金を借りられるサービスとして大勢の利用者がいます。

この両者のサービスは消費者が比較的少額の融資を受けられるサービスという点では大きな違いはありません。

カードローンのキャッシング

最短で即日融資が受けられるという点でも共通しています。
しかしながら、この両者のサービスには大きく違っているところがあります。


それは総量規制の対象となっているか、それとも対象外となっているかというところです。キャッシングは貸金業者である消費者金融が取り扱っているサービスとなるので総量規制の対象となり、カードローンは銀行が取り扱っているサービスなので総量規制対象外となっています。



この総量規制の存在は、消費者がお金を借りたいと思ったときに大きな影響をもたらすことになります。

総量規制の対象となっている消費者金融のキャッシングでは、消費者の前年度の年収の3分の1までは借入可能な額となっています。年収の3分の1を超える金額についてはキャッシングで借入れることはできない決まりになっているのです。それに対して銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているので、悪魔での審査の結果次第ではありますが年収の3分の1を超える金額であったとしても借入可能になっているのです。

東京新聞の情報はこちらです。

Copyright (C) 2016 キャッシングを断られた人でも借入可能なカードローン All Rights Reserved.